勉強会「リーダブルな夜 on 2019/09/02」を開催します

イラスト:Readableな夜 on 2019/09/02 黄/水色/緑/ピンクの4色の付箋が6行8列で48枚並べられている。付箋にはReadableな夜のロゴが描かれていて、中央の8枚だけロゴの色が反転されている。

「リーダブルな夜」7 回目の勉強会を開催します。

今回は「「誰」が「何」をする? みんなで考えてみよう!」です!!

「Webサイトのアクセシビリティを向上させる」といっても、できることは多岐に渡り、いろんな分野でいろんな施策が考えられますよね。しかもサイト制作には多くの人達が関わっていますから、やりたいと思う施策を上手く進められないことも多いと思います。そんな不安や日々の葛藤を少しでも和らげられるよう、皆さんで整理しながら話し合ってみませんか?

開催日時

2019 年 9 月 2 日(月曜日)19:30 〜 21:00 終了予定
受付:19:00 〜 19:30

会場場所

岡山大学内 岡山大インキュベータ 2F 会議室
岡山市北区津島中 1-1-1

岡山大学 津島キャンパスマップ(W9 が岡山大インキュベータです)

講師

テーマ:「誰」が「何」をする? みんなで考えてみよう!

セッション:地方の受託制作会社のディレクターが考えるアクセシビリティの1歩目

講師:宗安沙希恵

地方の受託案件には「アクセシビリティは要件として入っていない、そもそもそんな単語すら出てきたことがない」ということがよくあると思います。そんな状況の中で、Webディレクターが実際に考えていること、できること、取り組んでいることをお話しします。

ワークショップ:取り組みたいことをブレイクダウンしてみよう

進行:澤田望

Webサイトのアクセシビリティを向上させるための施策には、「画像に代替テキストを設定する」のような具体的な施策から、「チーム内のマインドをどうにかする」のようなボヤッとした施策までさまざまなものがありますよね。

皆さんが「取り組んでみたい/取り組まないと」と思っている施策を進めるためには、「誰」が「何」をすれば上手くいくのでしょう?「取り組みたいこと」をブレイクダウンしていき、各担当者レベルで「すべきこと」を洗い出すワークショップになります。

いろんな立場の方を交えて、グループで話し合ってみましょう!

  • 付箋に記入して貼っていきますので、筆記用具をご用意ください。

ディスカッション:結局、「誰」が「何」をすれば?

進行:前川昌幸

ワークショップで話し合った結果を発表していただきます。疑問に思ったこと、参考になったことなど、皆さんでぶつけ合ってみましょう。

参加費

無料

申し込み

connpass のイベントページにて受け付けます。

協力

会場提供:株式会社 クレオフーガ

sawada

コメントを残す